当校の講師紹介~ミア編~

こんにちは!セブリッシュインターンの吉澤です。今回は当校の講師陣のチームリーダー、ミア先生をご紹介致します。ミア先生は講師としての経験も長く、生徒様からの評価も高いベテラン先生です。ミア先生はUniversity of the Philippines Baguio(日本でいう東京大学のような大学)を卒業しており、TOIECやビジネスイングリッシュの授業に定評があります。今回はそのミア先生にインタビュー形式で色々と質問致しました!



ミア先生のプロフィール

名前

Mary Anne “Mia” T. Pamittan

出身校

University of the Philippines Baguio

専攻

BA Communication (Major in Journalism, minor in Broadcast Communication)



好きな日本食は何ですか?

ミア:刺身が大好きです!

吉澤:寿司ではなく刺身なんですね!

ミア:私は刺身とご飯を別々に食べたいタイプなんです。一度日本に行ったときに、船盛を食べましたが、天国にいるようでした。また、ガリも大好きです!

吉澤:え?ガリ?ガリが好きなんですか?

ミア:ガリと刺身の組み合わせは最高ですよ!!



お勧めのフィリピン料理は何ですか?

ミア:おススメはJollibeeのフライドチキンです!

吉澤:フィリピンと言えばJollibeeですね!(Jollibeeはフィリピンのファストフードです。ハンバーガーやフライドポテトもありますがローカルの人はフライドチキンやスパゲッティーをよく注文しています。セブにもいたるところにあります。)

ミア:私にとってのJollibeeのフライドチキンは特別なものです。子供のころ、街からは遠くに住んでおり、Jollibeeを含めレストランまでは車で一時間以上かかりました。成績でTop5に入った時など何かを達成したときは、両親が車でJollibeeに連れて行ってくれました。だからJollibeeは今でも私にとってソウルフードであり、何か良いことがあった特別な時だけでなく、とても悲しいことがあった時もJollibeeを食べて元気をだします!日本の方もフィリピンに来たら是非ジョリビーにトライして欲しいですね!



セブでのお勧めアクティビティーを教えてください。

ミア:私はまだ行ったことがないのですが《Canyoneeringキャニオリング》が最高だと聞いています!

吉澤:《Canyoneering》??

ミア:ジャングルをトレッキングしたり、美しい滝から飛び降りたり、川下りをするアクティビティーです。セブで《Canyoneering》をすることは私の夢の一つでもあります。

吉澤:素敵ですね。私も行きたいです!! 


英語の講師になった理由を教えて下さい。

ミア:私は大学でジャーナリズムを専攻していました。なので違う文化に触れたり、それをレポートすることを勉強していました。私は昔から知らないことを、学んで知ることに興味がありました。また、大学時代にパートタイムで韓国人に英語を教えていたのですが、韓国人と接していると韓国の文化やニュースを知れる事も楽しく思うようになりました。 英語の講師をしていると、他の国の知らない風習や文化を学べます。それらはこの仕事の興味深いところですね!



セブで英語留学を検討している人に一言をお願いします。

ミア:フィリピンはとってもホスピタリティーにあふれた国です。フィリピン人は心が温かく、とてもフレンドリーな国民性なので、きっと皆さまも楽しんで頂けるかと思います。 英語を学ぶ上でも、講師たちは生徒様お一人お一人のレベルにもちろん合わせることができるので、緊張しないで自信をもって話してください!そして、いつでも話し続ける事がとても大切です。講師たちは生徒様に合わせてアドバイスし続けますよ!英語を話す事に苦手意識を持たずに自信をもって前向きにいることが何よりも大事です。

吉澤:英語を話す事もポジティブに思考でいることが大事ですね!ミア先生今日はありがとうございました!

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。