シヌログフェスティバル

こんにちは。今回はフィリピン最大のお祭りと言われているシヌログフェスティバルについてご紹介したいと思います。

 シヌログフェスティバルは毎年1月の第3日曜日に行われるフィリピン最大級のお祭りで、フィリピン全州を挙げて「サントニーニョ」という子供のころのイエス・キリストを模した人形を称えるものです。

 サントニーニョと言えば、歴史的建造物で有名なサントニーニョ教会を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。サントニーニョ教会は、サントニーニョの原型を祭っている教会です。

サントニーニョの人形は、1521年にマゼランがセブの人々をキリスト教に改宗した際に、当時のセブの女王に送った人形と言われています。1565年にスペインが再びフィリピンを植民地化しようとした際、セブは火を放たれ町がほぼ全焼状態であったのにもかかわらず、このサントニーニョの人形だけは無傷の状態で見つかったそうです。この時から、サントニーニョは奇跡の人形としてセブの人たちに崇められるようになりました。

 そんな奇跡の人形を称える最大級のお祭り。1月の第3日曜日に向けて町中がシヌログ一色となります。至るところにシヌログフェスティバルのポスターが貼られ、お店などでは、Tシャツや髪飾りなども多く売られています。毎年フィリピン国内だけでなく、国外からも多くの人が集まります。フィリピンの有名人もたくさん参加するそうです。 1月の第3日曜日はグランドパレードと言って、シヌログフェスティバルのメインイベントが行われる日で、実は12月の初め頃からシヌログに関するイベントは行われているそう。グランドパレードでは、フィリピン全土から地区単位や学校単位でダンサーが参加し、お祭りを盛り上げます。ダンサーたちが綺麗な装飾をつけてパレードをする姿は壮観です。

 海外の歴史や宗教を学ぶことは、その土地に住む人への考え方や生き方を理解することにもつながります。ご留学の際には、ぜひ歴史や宗教について先生たちと話してみてください。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。