モアルボアルで海の生き物と急接近!

みなさん、セブの穴場リゾート「モアルボアル」はご存知でしょうか。 

セブの観光地と言えば、以前にブログでもご紹介したオスロブやカワサン滝などが有名ですが、素朴でのどかな雰囲気が広がる田舎町「モアルボアル」も古くから欧米人に愛されている人気スポットです。 

本日は、モアルボアルとそこで体験できるアクティビティについてご紹介いたします。 

 

モアルボアルは、セブ島の南西部に位置しており、当校があるマクタン島から車で3時間ほどの距離にあります。 

海に面している町で、シュノーケリングやダイビング、ビーチ散策などが楽しめます。ホワイトビーチやパナグサマビーチなどは特に人気が高いです。 

今回はシュノーケリングを体験してきました。 

 

朝5時、マクタン島を出発しました。とにかく移動時間が長いので、日帰りでの旅行の場合はなるべく早めに出発するのがおすすめです。 

 

モアルボアルの港へは8時ごろに到着しました。そちらで料金を支払い、シュノーケリングにおける注意点などのレクチャーを受けます。その後ボートに乗ってシュノーケリングエリアへ出発です。 

 

最初のシュノーケリングエリアは、色鮮やかな魚がたくさん見られるサンゴ礁エリアです。比較的水位が浅く、シュノーケリングでも十分に楽しめます。時刻が早かったこともあってか、あまり込んでいなかったので、ゆったりとした雰囲気で過ごすことができました。 

ガイドの人たちは非常に親切な人たちで、水中でも特に魚が多い場所へ案内してくれます。また、カメラを預けると魚の写真や動画を撮影してくれました! 

港で防水カメラやゴープロを借りることもできますが値段が少し高いそうなので、ご自身のカメラをお持ちいただくかスマホ用防水ケースを持参するのがおすすめです。 

 

2番目のエリアでは、大量のイワシのトルネードを観察することができます。 

シュノーケリングでは上からしか見ることができませんが、目下一面に広がるいわしの群れは圧巻です!!こちらのエリアはダイビングスポットとしても絶大な人気があり、この日もたくさんのダイバーがいました。次回はぜひダイビングで下から見てみたいです。 

 

3番目のエリアは足がつくほどの浅瀬ですが、こちらではなんと野生のウミガメを見つけることができます。 

ウミガメが出現する確率は高くはないのですが、この日は3頭ほど発見することができました! 

一緒に記念写真を撮ることができるので、セブでの思い出になること間違いなしです! 

 

朝早く出発すれば日帰りでも十分満喫することができます。 

留学中の週末のリフレッシュとして、セブで海の生き物と出会うツアーなどに参加してみてはいかがでしょうか。 

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。