フィリピンの年越し

皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、みなさん年越しはどのよう過ごされましたか?授業の中で、講師と年越しについて話す機会があり、日本の年越しとの違いにびっくりしたので、今回はフィリピンの年越しについてご紹介したいと思います。 

日本では、家族でテレビを見ながらそばをたべて年を越す方が多いのではないでしょうか。しかしフィリピンでは年越しの時に爆音・騒音をたてる文化があります。これは爆音・騒音を立てることによって、悪霊を追い払うという意味があるそうです。そのため、年末には爆竹や花火、トロトットというラッパのようなものがお店に並びます。大晦日の夜になると大量の花火が打ちあがり、煙で周囲が見えなくなるほどだそうです。年越しの瞬間には爆竹や花火だけでなく、トロトットを吹いたり、フライパンをたたいたり、車やバイクのクラクションを鳴らしたりととても騒がしくなるそうです。

 また大晦日の夜には12種類の丸い食べ物を食べる風習があるそうです。丸い食べ物は、幸運を呼び込むとされているからです。丸はコインの形でもあるためお金に困らず生活できるという意味もあるそうです。12種類というのは新しい年のそれぞれの月に対応しています。果物の種類は特に決められておらず、ブドウ、オレンジ、メロンなどが主流だそうです。丸い果物を12個集めるのは難しいので、バナナやマンゴーも入れてもOK。ただし、お皿は丸いものにするそうです。洋服も水玉模様の服を着ると縁起が良いそう。

 子供たちは年を越す瞬間にできるだけ高くジャンプします。そうすることで、身長が伸びると信じられているそうです。その際、ポケットにコインを入れてジャラジャラと鳴らすと、1年間お金に困らないという意味もあるそうです。地方によっては、家の周りにお金をまいたり、お米をまいたりします。日本の節分と同じような感じです。さらに、元旦にはなるべくお金を使わないようにすると、新しい年は賢くお金を使うことができると信じられています。

 お正月には日本と同じようにお餅を食べます。またパンシットという焼きそばのような料理も食べるそうです。これは麺をたべると長寿になれると信じられているからだそうです。 

今回フィリピンの年越しについてご紹介しました。年越しにかかわらず、普段の生活の中でも日本との文化の違いを感じることができます。今年はぜひ実際にフィリピンに来て文化や風習の違いを肌で感じてみませんか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。