メリークリスマス! in Philippines

こんにちは!セブリッシュインターンの紺野です。




今回はセブのクリスマスについて紹介したいと思います!

セブは今クリスマスシーズン真っ盛りです!日本は12月からクリスマスのデコレーションやイルミネーションなどの飾りつけが始まりますが、フィリピンでは9月になると一気にクリスマスシーズンに突入します!

日本は9月以降運動会や10月にはハロウィン、11月は紅葉シーズンなどと様々なイベントがありますが、フィリピンでは9月以降はクリスマス一色。ショッピングモール内にはクリスマスツリーや飾りが売られており、レストランなどのBGMはクリスマスソングです。セブの小・中学校、リゾートホテル内など至る所にイルミネーションが彩り鮮やかに飾りつけられています。日本人からすると、まだ時期的には秋で、残暑に苦しめられる時期…。ハロウィンもまだ迎えていないのでクリスマス気分にはなれないのですが…笑




フィリピンのクリスマスは時期的には9月初めから1月上旬まで。約4ヶ月間もの間、クリスマスをお祝いします。クリスマスをどのように過ごすかというと、家族と一緒に過ごす人もいれば、友人達とパーティーしたり、プレゼント交換をしたり…。パーティーの際には、レチョンマカロニサラダやフルーツサラダレチェフランマンゴーフロートなどのホワイトクリスマスをイメージした白い色の料理を用意します。



12月16日から24日にかけてタガログ語で”Simbang Gabi”【シンバン・ガビ】セブアノ語で”Misade Gallo”【ミサデ・ガロ】と呼ばれるものがあり、早朝2時から5時ごろにかけて多くの人々が教会に集まり、祈りを捧げます。日本ではなかなか見られない光景かと思います。フィリピンの国民の大多数がキリスト教徒なため、日本と違い、セブのクリスマスは盛大かつ大規模で行われるのだと思います。



ちなみに、9月からクリスマス一色ですが、10月末にあるハロウィンも行われます。ですのでショッピングモールではハロウィンとクリスマスの装飾が一緒になって店頭に並んでいます。ハロウィンとクリスマスを同時に祝うのは日本では考えにくいものですが…。フィリピンのハロウィンも子供達が仮装して「Trick or Treat」と言ってお菓子を貰う、一般的なイベントが各地域で行われているようです。



フィリピン人の方々にとってクリスマスは家族と過ごす大事な時間です。それぞれの国で様々な文化の違いがあるとは思いますが、フィリピンのクリスマスも文化の違いの一つ。皆さんも是非一度フィリピンのクリスマスを経験してみてはいかがでしょうか。





①豚の丸焼き。

②マカロニサラダはマカロニ、きゅうり、パイン、チキンなど。フルーツサラダはパイン、りんご、ナタデココ、生クリームやコンデンスミルクを混ぜ合わせたデザート。(材料は家庭によって違い、チーズやゼリーも入れる所もあるそうです。)

③卵と砂糖、コンデンスミルク、生クリームなどを使った甘〜いフィリピンバージョンのプリン。

④クラッカー、コンデンスミルクと生クリームを混ぜ合わせたクリーム、スライスしたマンゴー、それぞれ交互に敷き詰めて固めたフィリピンで有名なスイーツ。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。