セブを一望しできる展望台です

セブを一望できる夜景スポットといえばココ!「TOPS」です。でも今回は昼間に行ってきましたので、残念ながら夜景の写真はありませんが…。

セブのITパークから10分程の場所にあるJYスクエアというショッピングモールから、ハバルハバルというバイクタクシーで2人乗りならぬ3人乗りで頂上まで行ってきました。JYスクエアからTOPSまでは大体バイクで20~30分位で到着できます。このショッピングモールの周りにはたくさんのバイクタクシーが待ち構えていて、外国人を見つけると「Lantaw(ランタオとはTOPS近くの夜景が見えるレストラン)」もしくは「TOPS」と声を掛けられるので、値段交渉をして感じのよさそうなドライバーを選んで下さい。この時に交渉した価格は往復で350ペソ(約800円)でした。

バイクでしばらく上まで登っていくとTOPSの手前に「Delice(デリス)」というレストランがあります。民家と思い通り過ぎてしまいそうになりますが、実はここも見晴らしが良く、とても静かな場所ですのでおすすめです。料理はあまりオーダーしなかったのですが、普通に美味しかったです。値段もそこまで高過ぎないといった印象でした。

そして腹ごしらえも終わり、頂上に到着してからはまず入場料100ペソ(約240円)を支払います。エントランスゲートを通り抜けると一面には広場があり、開放感がありとても気持ちのいい場所です。展望台ではセブを一望できますので記念撮影にはぴったりです。今回は平日の昼間でしたのであまり人はいませんでしたが、以前夜に来たときは夜だったのですが、たくさんの人で賑わっていました。

展望台以外には鐘を鳴らすスポットがあり、その鐘をカップルで鳴らすと別れてしまうという噂があるそうです。笑 その他には、飲み物がや軽食できるお店がずらりと並んでいますので小腹が空いたりのどが渇いた時には座ってゆっくりとくつろぐことができます。

一通り写真も撮り終わりジュースも飲み終わりTOPSを降りようとしたら、時間はすでに3時間は経過していました…。ドライバーの方にはあまりにも申し訳なかったので、当初は350ペソで交渉していましたが、きりのよい500ペソ(約1,200円)を支払いました。少しプラスしたといえ2人でこの価格なので、日本と比べるとかなりお手ごろ価格です。

写真を見ていただくとわかると思いますが、眺めがとってもきれいですのでセブに来たら一度はセブを一望できるTOPSは是非おすすめしたいスポットのひとつです。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。