セブで大きな本屋さんです。

フィリピンで大きな本屋さんといえばNational Book Store ではないでしょうか?

このNational Book Storeはセブシティにある大きなショッピングモールには大体入っています。私が行ったことがあるのはアヤラモールとSMモールの2箇所でしたが、まず店内に入って驚いたのは店内が広いということ。また本だけではなく、文房具、頭脳を使う子供用のおもちゃなども豊富に取り揃えていました。

皆さん英語留学が目的で当校を選んでいただいておりますので、英語を学ぼうと思われている方ばかりかと思います。日本に比べると圧倒的な洋書の多さですので、この機会に購入されるのもよいかもしれません。私は400ページ程ある小説を315ペソ(約710円)購入しました。内容で選んだというよりは完全に表紙の見た目で選びましたが。(笑) アメリカでの値段が7.99ドル(900円)と本に印刷されていたので、少し得した気分です。内容はというとまだ数ページしか読んでいないので正直この小説がおもしろいのかまだわかりません。読みきるまでにどれくらいの日数がかかるやら。 

その他にも日本には馴染みのある妖怪ウォッチ、ドラえもん、ONE PIECE等も置いていて、日本のアニメが世界的に人気とよく耳にしますが改めてそのことを実感しました。一部英語ではなくタガログ語(フィリピンの公用語)で翻訳されていますが…。当校の講師達も私よりもアニメが詳しかったりするのでフィリピンには日本のアニメはすごく浸透しているかと思います。

私がセブ島に来る前にインターネットでフィリピンの文房具は日本より劣るから日本から持っていった方が良いと見たことがあります。確かに比べてしまうと日本の方が良いかとは思いますが、普段使用するのには問題なく使えますし、なんと言っても日本との値段が全然違います。ですし長期で留学をお考えの方は、現地で一度購入されるのもよいのではないかと私は思います。以前の生徒の方の中には現地のペンを実際に使ってみて使いやすくて安いので大量にペンを買っていかれた方もいらっしゃいます。

もしセブでのお土産を何にしようか迷われているようでしたら、ご自身や英語に興味のあるご友人、同僚の方のには洋書を、たくさんの人達に配る用には文房具のお土産を選ばれるのも選択肢のうちの1つにしてみてはいかがでしょうか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。