フィリピン料理「シシグ」のご紹介

こんにちは。みなさん、「シシグ」というフィリピン料理はご存知ですか。私はフィリピンに来るまで、全く知りませんでした。しかし、初めてシシグを食べたとき、なんで日本にないのだろうと不思議に思うくらい美味しく、とても感動したのを覚えています。今回はその「シシグ」を紹介したいと思います。

 シシグとは豚の耳やモモ、頬肉を細かく刻んで炒めた料理のことを言います。豚の皮や内臓なども使うことがあるそうです。お店によっては、ニンニクや唐辛子を入れてスパイシーにしたり、玉ねぎなどの野菜を加えて、シャキシャキ感を出したり、上に卵をのせてマイルドにしたりします。油を多めに含んだ、味の濃い料理なのでビールとベストマッチ!!また、ガーリックライスと一緒に食べるのもおすすめです。

 味が濃すぎるのが苦手な方は、東南アジアで採れるライムのような果物「カラマンシ」を絞って食べると、さっぱりといただけます。お店では、鉄板で出てくることが多く、必ずと言っていいほどカラマンシがついてきます。

フィリピンのスーパーには、シシグ缶が売っています。そのまま食べるのもいいですが、フライパンで炒めて卵と一緒に食べるのがおすすめだそうです。また、シシグの素も売っており、豚肉と玉ねぎを刻んで炒めて、シシグの素を入れるだけで簡単にシシグを作ることができます。かさばらないのでお土産に買って帰るのもいいかもしれません。 

シシグは1732年にルソン島の中央部にある、パンパンガ州というところが発祥の地域です。300年以上前からフィリピンで親しまれている伝統深い料理で、いまでもパンパンガ州では毎年シシグフェスティバルが開催されているそうです。余ったお肉で手軽に安く作れて、お酒のおつまみやメインのおかずにと万能なので、多くのフィリピン人から愛されているのでしょうね。 

私もシシグが好きすぎて、何件か食べ歩きをしましたが、その中でもおすすめはリコズレチョンのレチョンシシグ、KUYA Jのシシグ、エルセーニョの牛タンシシグです。お店によって使っているお肉や部位が違ったり、味付けが違ったりするので、食べ歩きはおすすめです!フィリピンの伝統料理「シシグ」を是非試してみてはいかがでしょうか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。