フィリピンの大人気ファストフード店Jollibee!

こんにちは! セブリッシュインターンの紺野 麻菜です。



フィリピンで一番人気のファストフード店といえば、ジョリビー(Jollibee)!! フィリピンに訪れたことのある方は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。赤い色と、ハチのようなキャラクターが目印のジョリビ―ですが、創業当時はアイスクリーム屋だったそうです。まったくイメージがわきません笑



ジョリビ―のキャラクターは全部で9名いるそうで、お店の看板にもあるハチのキャラが雄のハチをモチーフにしたリトルジョリビ―くんです。

 

現在、フィリピンにはジョリビ―が約1000店舗以上あり、フィリピンのほかにアメリカ、香港、ベトナム、ブルネイ、シンガポールなど多くの国に店舗が進出しています。

各国において、ファストフード業界のトップシェアを保持しているあのマクドナルドが唯一市場シェア1位を取れない国がフィリピンです。その理由がジョリビ―だといわれています。



ジョリビーコーポレーションは、ジョリビ―のほかに中華料理系チェーン店Chowking(チャオキン)、ピザ系チェーン店Greenwich(グリーンウィッチ)、ケーキ専門店Red Ribbon(レッドリボン)、焼き鳥チェーン店Mang Inasal(マングイナサル) とフランチャイズを経営しており、マクタン国際空港近辺のマリーナモールと呼ばれる場所にはジョリビ―とこれらの店舗が併設しています。

ジョリビ―のメニューは フライドチキンとライスがメインで、日本人にとっては変な組み合わせに感じるかと思いますが、フィリピンではこれが一般的です。

フライドチキンのメニューを注文すると、必ずオリジナル(普通)か、スパイシーか聞かれます。フィリピンの人々の間ではスパイシーのほうが人気です!フライドチキンとライスのメニュー以外にも、バナナケチャップというかなり甘めのケチャップを使ったスパゲティや、チャンプというハンバーガー、バーガーステーキ(ライスとハンバーグ)など種類も豊富ですので、様々なメニューを試してみてはいかがでしょうか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。