フィリピンで大人気のファーストフード店「ジョリビ―」

こんにちは。今回はフィリピン人に大人気のファーストフード店「ジョリビ―」をご紹介します。

フィリピンにきたことがある方は、一度は見たことがあるのではないでしょうか。ジョリビ―は華僑系フィリピン人、トニータンという人がはじめたお店です。最初はアイスクリーム屋さんをやっていたようですが、徐々にパスタ・ハンバーガー・フライドチキン・ホットドッグなど販売項目を拡大していったそうです。フィリピンではファーストフード店の中で、圧倒的シェアナンバーワンとなっています。誰もが知っているアメリカ発祥のマクドナルドが、フィリピンでシェアナンバーワンを取れない理由は、このジョリビ―にあると言われています。

2017年度末のジョリビ―の店舗数は1062店舗で、今でも続々と増えています。モールに行けば少なくとも1店舗は入っています。ジョリビ―と言えばメインキャラクターの「ジョリビ―君」もとても人気で、バックやポーチなどもたくさん売れているそうです。 

なぜフィリピン人はジョリビ―が大好きなのかというと、まず1つ目はパスタやフライドチキンとご飯のセットがあるというところです。フィリピン人は、日本人の3倍の量のお米を食べると言われているため、フライドチキンとライスのセットは、フィリピン人にとってはとても魅力的なんだそうです。2つ目はジョリビ―はマクドナルドと違い、「バナナケチャップ」というトマトケチャップと比べると少し甘いケチャップを使用しています。フィリピン人は甘い味付けを好む人が多いので、多くの人から愛されているのだと思います。 

私のおすすめはスパイシーチキンとピーチマンゴーパイです。スパイシーチキンは、衣がサクサクで中がジューシーなフライドチキンに辛いパウダーがかかっています。ピリッとしていますが、辛すぎず、あと引く美味しさです。ピーチマンゴーパイは、サクサクとしたパイ生地の中にあつあつのピーチマンゴージャムが入っています。小さいサイズなので食べやすく、大人だけでなく子供からの人気があります。フィリピンへお越しの際には、ぜひジョリビ―へ行かれててはいかがでしょうか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。