エビ好きにオススメ! バケットシュリンプ!

こんにちは!セブリッシュインターンの紺野 麻菜です。

今回私がご紹介するのは、エビ料理レストランの”バケットシュリンプ”(Bucket Shrimps)というお店です。




皆さん、フィリピンといえば豚・鶏肉料理、そしてシーフード料理ですね!

日本では刺身やお寿司といったお料理で生の魚を食べますが、フィリピンでは生魚を食べるという習慣はほとんどありません。魚料理でも、蒸したもの、炒めたもの、グリルされたものなど様々です。




セブにはシーフードレストランが多々ありますが、中でもバケットシュリンプは手づかみで食べるという面白い特徴があります。

バケットシュリンプはセブ島に2店舗、マクタン島に1店舗あり、当校から1番近いマクタン島のバケットシュリンプは、当校から車で約15分。アイランドセントラルモールの裏の道を右へ進んで行き、分かれ道を下に進んでいくと、バケットシュリンプの看板が見えます。

マクタン島のバケットシュリンプはシティの店舗とは違って海辺なので、昼は海風が心地よく、夜は海とセブシティの夜景をお楽しみいただけます。

レストランは屋外で、1階席と2階席があります。メニューは上記の写真のようにバケツに記載されています。

テーブルに着くと、店員さんが大きなクッキングシートとビニール手袋、紙エプロンを持ってくれます。ちなみにそのクッキングシートがお皿がわりになります。

オススメのメニューは、”シュリンプ”(Shrimp)390ペソ(日本円813円2019年2月時点)。”ソーシークラブ”(Saucy Crab)300ペソ(日本円625円2019年2月時点)。2品とも味を選ぶことができ、シュリンプは、ガーリックバター、スパイシーか、カレーの3種類で、クラブはガーリックバターかスパイシーの2種類です。(上記写真参照)

食べるときは、プラスチックの手袋をして、手で殻を剥いて食べます!!

味付けもしっかりしているので、ご飯との相性も良く、シーフード料理が好きでおなかいっぱい食べたい!という方は是非お立ち寄りしてみてください!

その他情報

店舗情報

店名:バケットシュリンプ

住所:Cebu Yacht Club, M.L. Quezon National Highway, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu

営業時間:11:00〜0:00まで

電話番号: 0942 373 7474

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。