フードコート「ALFRESCO」のご紹介

当校へご留学にいらした方の中には、「夕食をどこで食べよう」「土日のご飯はどうしよう」と悩まれる方も多いです。

そこで本日は、学校から1㎞圏内にあるフードコート「ALFRESCO(アルフレスコ)」からいくつかお店をご紹介いたします。

 

アルフレスコは、ビジネスセンター「マクタンニュータウン」内に位置しています。

フィリピン料理やメキシコ料理、中華料理店など様々なジャンルのレストランが店を構えており、どのお店でも1人およそ300~500ペソの料金でお召し上がりいただけます。

生徒様のご滞在先の一つである8ニュータウンコンドミニアムと同じ敷地内に位置しているため、よくご利用されている生徒様も多いようです。

 

▶ メキシコ料理がおいしい「MexiMAMA(メキシママ)」

こちらのお店では、ケイジャンライスの上に甘辛いチキンやポークが乗ったコンボメニュー、タコスやハンバーガーが食べられます。

タコスのメインの具はポーク、ビーフ、フィッシュの中から選ぶことができ、玉ねぎやチリなどの野菜がたっぷり乗っています。6ピースセットを注文するとメインの具を全て試せます!

 

また、メキシママのハンバーガーはがっつりお肉を食べたい!という方におすすめの一品です。粗挽き肉のビーフパティとレタス、トマト、ピクルスがはさんであり、タコスのソースがかかっています。ポテトもセットになっているのでボリュームは満点です!

 

 

▶ エビをお腹いっぱい食べられる「CHOOBI CHOOBI(チョビチョビ)」

こちらはおいしいエビが食べられるお店です。写真の通り1袋でもかなりの量があります。ソースは、ガーリックバター・スパイシーなど4種類から選ぶことができます。調理方法もボイルとフライが選べます。

ガーリックバターで味付けされた豆苗のソテーもチョビチョビの人気メニューです。

どちらも量が多いので、数人でシェアしながら食べるのにピッタリです。

 

 

▶ 大人気タピオカドリンクショップ「BUBBLE TEA STATION(バブルティーステーション)」

現在日本ではタピオカミルクティーが大流行していますが、フィリピンも負けていません。

こちらはフィリピン国内でかなりの人気を誇るタピオカドリンクショップです。

ミルクティーはもちろん、日本のタピオカショップではあまり聞かないようなヤクルト味、ミロ味、ウベ(紫いも)味などフィリピンならではのフレーバーを楽しむことができます。

サイズは大小選べて、砂糖の量の調節も可能です。日本で飲むタピオカドリンクに比べてかなり甘いので、砂糖は少なめにしてもらうのがおすすめです。

 

 

この他にも、セブで有名な豚の丸焼き「レチョン」やイカのグリル、中華風ヌードルが食べられるお店など全部で8店舗がアルフレスコに出店しています。

留学中のお食事処をお考えの際には、ぜひ参考になさってください。
 
 
 

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。