セブでジンベイザメと泳ごう!

セブへいらっしゃった際には、ジンベイザメウォッチングがおすすめです。
水族館で見たことある方は多くいらっしゃると思いますが、こちらのアクティビティーではジンベイザメが泳いでいる海でシュノーケリングをすることができます!まさにセブならではの体験です。

セブ島ではジンベイザメウォッチングができるスポットがいくつかありますが、ダントツで人気なスポットが「オスロブ」です。オスロブはセブ島南東に位置している漁村で、多くの外国人が訪れる観光地となっています。
こちらが人気である理由は、ジンベイザメとの遭遇率にあります。オスロブでは、ほぼ確実にジンベイザメと遭うことができるのです!また、好条件が揃えば一度にジンベイザメを8頭ほど発見することもできます。

早朝であればあるほどジンベイザメとの遭遇率は高いので。混雑を回避するためにも、ジンベイザメウォッチングは朝が早いのが特徴です。
当日は当校があるマクタン島を朝の3時に出発しました。移動時間はおよそ3時間。運転手つきのレンタカーの利用もできます。
今回利用したショップは「AARON Beach Resort」です。ジンベイザメウォッチングの代金は1人あたり1100ペソになります。
朝の6時の時点ですでに10人以上が順番待ちをしており、1時間ほど待つということでショップにて朝食をいただきました(こちらは別料金となります)。メニューが豊富で、朝食だけでなくフィリピン料理も食べられるようです。

順番が回ってきたらボートがある場所まで移動します。他のショップを利用している方たちも同じ場所から出発するのでとても賑わっていました。
ボートに乗る前にはインストラクターからジンベイザメウォッチングの際の注意事項の説明を受けます。ドローン撮影や日焼け止め、ジンベイザメに直接触れることは禁止されています。注意事項は日本語で書かれたものも用意されていて安心です。

シュノーケルとライフジャケットを着用して、いよいよ海へ向かいます。
手漕ぎボートで移動できるほど、陸からあまり離れていない位置なので半信半疑でしたが、シュノーケリングスポットに到着すると海の中にたくさんのジンベイザメが!
ジンベイザメのエサは小さなプランクトンなので襲われる危険はほぼないですが、大きな口を開けた姿はとても迫力があります!
防水ケースに入れたケータイで撮影を試みたものの、近すぎてなかなか全体を写せませんでした…。
シュノーケリングできる時間はおよそ30分間ですが、たくさんのジンベイザメを見ることができました。

水族館で見る以上の迫力は間違いなしです。みなさんもセブにいらした際には、オスロブでジンベイザメと一緒に泳いでみてはいかがでしょうか!

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。