セブのトイレ事情について

セブに来てパブリックのトイレで驚いたことがいくつかあります。今回はその驚いたことについて記事にしたいと思います。

トイレットペーパーが流せない

日本ではトイレットペーパーを流せるのは当たり前ですが、発展途上国ではインフラ整備が整っていない為トイレットペーパーを流せない国があります。フィリピンもまさにその国の1つとなっています。シャングリラホテルでさえ流せないと言われました。しかし高層コンドミニアムとか一部はそのままトイレットペーパーを流せる場所もあるみたいですが、ほとんどの家、モール、レストランでは男女のトイレの個室には少し大きめなゴミ箱が設置されているので、そこにトイレットペーパーを捨てます。特にレストランのトイレにはゴミ箱にトイレットペーパーを捨てるようと注意書きがされています。セブに来た当初は日本の癖でそのまま紙を流してしまうことが度々ありましたが、人というのは置かれた環境に順応するもので、紙を長さないのが当たり前の生活を送っていると最初は抵抗があったものも意外と慣れてしまうものなんです。

便座がない

日本だと和式はもちろん便座はありませんが、洋式は必ず便座はありますよね?しかしここフィリピンでは洋式でも便座がないことが多々あります。ですので空気いす状態で用を足すしか方法はありません。最初は足がとてもつらかったですが、慣れてくるとあまり苦にならなくなります。便座はあっても汚れている場合もあるので、その時も便座をあえて使わず空気いす方式で用を足しています。しかし便座が無い場合、便器の上に乗り用を足すといった方法もあると聞きましたが、どう考えてもとてもリスキーに思えてしまい一度も試したことがありません…。

トイレットペーパーがない

日本では公園などの公衆トイレを除いては、ほぼどこのトイレに行ってもトイレットペーパーは付いていること思います。しかしこの国ではほとんどの公共の場所にトイレットペーパーはありません。逆にあるのが珍しいほどです。ですので、どこに行くにしても必ずトイレットペーパーを持参しなければいけません。日本では見かけたことはありませんが、セブのスーパーにはトイレットペーパーの芯がない携帯用トイレットペーパーが売っています。もちろんホテル、レストランでや一部のモールの一部のトイレにはトイレットペーパーは付いています。また、トイレットペーパーが付いているといってもすべてが個室についているわけではありません。特にモールなどでは入り口付近にトイレットペーパー大きなのロールが備え付けられているので、トイレの個室に入る前にそこから自分が使う分だけ取ってから入ります。

水が流れない

もともと壊れているものもあれば(普通は壊れたら直したり新しいものに買い換えたりしますが、壊れたものをそのまま使っているところは多いです)タンクに水がなかなか溜まらないから流せないということがあります。こういったトイレに遭遇した場合は便器の横をチェックしてください。大抵の場合は、水が入ったバケツにひしゃくのセットが置いてありますので自分でひしゃくに水を汲み流します。ローカルのレストランに行くとこのタイプによく遭遇します。

便座横のホース

特に家庭でよく見られるのが便座横にあるレバーが付いているホースです。そしてこのホース、ものすごく水圧が強いです。これだけの水圧があるなら、タンクの水ももう少し早く溜めれるんじゃないのか?と素人は考えてしまいますが…。使い方は、ウォシュレットのように用を足した後に使うと聞きました。しかし使ったことがない人にするとかなり難易度は高めです。以前インドネシアでものどかな場所で駐在されていた方にお話を伺うと、インドネシアの人々は用を足した後はそのホースで洗うので、トイレに行った人は服が濡れているので一目瞭然だとか…。それ以外にホースの使い道としてはバケツに水を溜めたり、掃除のときに使ったりしているそうです。

国が違えばトイレ事情も違います。ですので現地のトイレ事情を受け入れて、慣れるしかありません。どこのトイレも汚いわけではありませんので、私の場合は、きれいそうなトイレがある時になるべく用を足すようにしています。どこのトイレがきれいかというトイレチェックは欠かせません。セブでお出かけの際には必ずティッシュを持参するのをお忘れのないように!笑

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。