フィリピンのスーパーで気を付けるべきことを知りましょう

外国のスーパーに行くとその土地ならではの食べ物や買い物のルールがあったりして、色々と驚くことがあるかと思います。今回はフィリピンの代表的なスーパー『save more セーブ モア』というスーパーをご紹介します。

日本に比べて陳列や値段の表示がしっかりとしていない為、商品の値段がわからないという場面が多々あります。そんなときにすごく便利なのがプライスチェッカーといわれるものです。これはセーブモアだけに限らずどこのスーパーにもあります。使い方はいたって簡単で、赤く光っているところにバーコードをかざすだけで画面に値段が表示されます。

袋に入っていないお肉、野菜、フルーツは量り売りになっているので、これらを買う時には透明のビニール袋に入れて近くにいる店員の人にバーコードを貼ってもらいましょう。長蛇の列の時にこのルールを知らずにバーコードを貼っていない商品を持っていってしまっても、袋詰めしてくれるスタッフが自分の代わりに貼りに行ってくれます。しかし待っている間は後ろに並んでいる人やレジの人の視線が冷たく自分に向けられることになります…。(笑)

日本では会計が終わったらカゴやカートを指定の場所に戻すのが当たり前ですが、フィリピンでは商品を自分でレジの台に置いた後のカゴやカートはその辺りに置いておくので最初はとても驚きました。それらをスタッフが定位置に戻すというのがフィリピン流です。混んでいる時間帯はスタッフも手薄になるせいかレジ周りには使わないカゴやカートでいっぱいになっている光景を見たことがあります。そのため、スーパーに入ったらカゴやカートがないこともあり、まずは自分でそれらを見つけろことから買い物は始まります。(笑)

そしてフィリピンは (セブだけでしょうか?) なんといってもレジのスタッフの作業がのんびりですし、商品を丁寧に置かなかったりするので驚きです。これもフィリピンの人柄と思い大目に見てあげることもこの国では大切だと思います。スーパーだけに限らずレストランとかもスタッフはのんびりしているので、どこに行くにしても待ち時間は日本よりかは長いです。ですのでフィリピンに滞在していると忍耐力は養えるかと思います。(笑)

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。