セブのおススメスナック

こんにちは!セブリッシュインターンの吉澤です。

今回はセブのスーパーで買えるおススメのスナックをご紹介したいと思います。フィリピンには1日に2回スナックを食べる習慣があります。朝ごはんの後の10時~10時半くらいに1回。日本のおやつの時間と同じ3時頃に1回です。もちろん、朝昼晩と3食もしっかり食べますので、朝ご飯→モーニングスナック→お昼ご飯→アフタヌーンスナック→夕ご飯と1日に5食も食べる事になります!また人によっては、夕ご飯の後に夜食も食べますので、1日に6食、食べることも珍しくないです。そんな食文化のあるフィリピンですので、スーパーには、お菓子などのスナックの種類が豊富です。また、種類だけでなく、サイズも豊富で、多くのお菓子が大袋、小分け包装と選べる形になっています。スナックタイムを毎日とるフィリピン人たちにとって、ちょっとお菓子を食べたいときに、小分けに包装されている事は便利なのでしょうね。

また、フィリピン人たちにとってはパンもスナックに分類されることが多いように思います。セブにもパン屋が多くありますが、朝食やランチとして購入するというより、スナックとして購入することの方が多いです。以前、ランチタイムにパンを買おうと思ってパン屋に行きましたが、閉まっていた時には驚きました。セブでは朝昼晩はお米、パンはおやつという認識なので、ランチタイムにパン屋は閉まってしまうんですね。セブのパン事情についてはまたブログにします!

では、今回はセブのスーパーで買えるおススメのスナックをご紹介したいと思います。

Presto

私がセブで一番お勧めのお菓子は『Presto』です。日本でいうマリーのような食感のビスケットの中にクリームが挟まっているお菓子で、クリームの味は3種類あります。中でも私のお勧めの味はピーナツバターです。ほんのり甘いビスケットと濃厚なピーナツバターがマッチしていて、とても美味しいです!また、1パック3枚入りで、スナックタイムに軽く食べるのには、大きさも丁度いいですね。値段も3枚入り1パックが1袋に10パック入って100円くらいなので、バラマキ用のお土産にも最適かと思います。

Oreo

日本でも言わずと知れた、有名なお菓子です。最近は日本では買いづらくなりましたが、セブでは色んな種類のオレオが買えます。中でも私のおススメはいちごクリームが挟まったオレオです。これも3枚1パックで包装してあるので、小腹がすいたときにちょうどいい大きさです。

NAGARAYA

カタカナでナガラヤと書いてあるのが印象的なので、日本製と思われる事もあるお菓子ですが、フィリピンのローカルブランドのお菓子です。味は少しスパイシーなナッツのお菓子で、ビールにとてもよく合います。お菓子というよりおつまみに近いかもしれません。こちらも小分けパックが売っていて、少しだけつまみたい時にピッタリのスナックです。

このようにセブのスーパーマーケットには沢山の小分けのお菓子が売っているので、スナックタイム用に、お土産用に、購入してみてはいかがでしょうか。フィリピンのローカルブランドにも美味しいお菓子が多くありますので、留学中にハマってしまうかも知れませんね!

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。