韓国食材がたくさん置いているお店

当校から車で約10分位で行ける韓国食材がたくさん置いているお店をご紹介いたします。場所は当校からマクタンニュータウン方向に進んでいき、そこからはさらに直進すると左手側にお店はあります。

一見コンビニエンスストアのような大きさですが、店内に入るとそこはスーパーのような品揃えで驚きました。食品はもちろんのこと、野菜やお米、そして日用雑貨などが韓国から輸入されていました。韓国食材ばかり並んでいると思っていましたが、フィリピンのお菓子、ドリンク、パンetc…と見渡したかんじ2割ほどフィリピン食品が陳列されていました。

今フィリピンではファイヤーヌードルといった韓国のインスタントヌードルが流行っているのはご存知でしょうか?ノーマルな辛さ(これでも十分辛いです)から、2倍の辛さ、×4倍の辛さ、カレー味、チーズ味の全部で5種類あります。一時は完売して店頭から全てなくなったりもするほど大人気商品です。おすすめの食べ方は、ベタですが玉子と一緒に食べることです。麺の辛さと玉子の黄身がマッチします。

そしてキンパ(韓国風のり巻き)120ペソ(270円)とトッポギ120ペソ(270円)のテイクアウト、きな粉もち80ペソ(180円)の惣菜が買えます。セブのコンビニやスーパーでは日本のように惣菜コーナーはないので、なかなか買えません。なぜなら外の屋台で惣菜を買うのが一般的なのです。しかし炎天下の中作った惣菜を置いてますので衛生上あまりお勧めはできません。しかしイエスマートでは店内で調理後はエアコンの効いている室内に置いてますので安心して食べることができます。15時前後に調理していますので、18時前後に行くのがお勧めです。

24時間営業しているということもあり、マクタンエリアで外食した後にアイスクリームを食べたり、キムチを買う時に寄ります。アイスクリームは日本で売っているようなラインナップで、つい最近ではロッテの雪見大福を食べました。味は皆さんがご想像しているあの味です。ロッテのお菓子類は豊富に揃っています。セブでは野菜不足になりがちなので、キムチをプラスすると栄養のバランスも少し良くなるのでお勧めです。味は日本のキムチほどまろやかではなく少し酸味がありますが、割と食べやすい味付けです。後はチンして食べられるインスタントのご飯があるのがうれしいですね。セブのスーパーではこのタイプのインスタントごはんは見かけたことがありません。

ここでご紹介した以外の商品にも日本と近い食文化と言うこともあり、日本で買える似たような食料品を購入することができます。セブの日本食料品店に比べると輸入品ですが若干お手頃価格のような気がします。しかし表記が全韓国語で記載されていて英語訳のシールも何も貼られていない為、何を書いているのかわからないのが難点です…。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。