キャニオニングでセブの大自然を満喫!

皆さんは「キャニオニング」をご存知でしょうか。

キャニオニングとは、川を泳いだり、滝から飛び降りるなどして渓谷を下るアウトドアスポーツです。日本国内にもキャニオニングができるスポットはいくつかありますが、日本では新しいスポーツなので知名度はそれほど高くありません。

今回は、”留学週末はアウトドアスポーツでリフレッシュしたい!”という方へセブ・カワサン滝でのキャニオニングをご紹介いたします。

カワサン滝はフィリピンでも有数の大きな滝壺があり、国内外から観光客が訪れる人気リゾートです。セブ島南西部に位置しており、当校があるマクタン島から車で約4時間かかります。

まずはショップへ行き、キャニオニング料金を支払います。お店によって違いはありますが、大人数で行くほど1人当たりの料金は安くなるようです。ショップではライフジャケット、ウォーターシューズ、ヘルメットなどの道具を借りられて、ボトルウォーターとスナックも渡されました。

そのあとはバイクに乗って山の上部まで移動します。スタート地点ではいくつかの注意点を説明されました。キャニオニング中はフィリピン人のガイドが同伴してくれるので、基本的には安全に楽しむことができます。また、ガイドにカメラ・ケータイを預けると動画や写真を撮影してくれます。彼らはキャニオニングのプロフェッショナルなので、撮影スポットをばっちり押さえてくれますよ!

そこから20分ほど徒歩で山道を移動して川へ向かいます。カワサン滝でのキャニオニングは山の頂上から河口へと川を下っていくルートとなっており、途中で飛び込みやウォータースライダー、ターザンロープなどさまざまなアクティビティをしながら進みます!所要時間はおよそ3時間です。

カワサン滝の最大の魅力は、滝を流れる非常に澄んだ水です。特に滝壺では水がエメラルドグリーンに見えます!キャニオニング中に見られる川もとてもきれいで透明度は抜群。リフレッシュできること間違いなしです。

そして、キャニオニング中に飛び降りる滝の数は大小合わせてなんと10以上!一番高い滝は約12mで、かなりスリリングな体験をすることができます。

カワサン滝は前回紹介したオスロブからも近いですので、ジンベエザメウォッチングと併せて楽しむという方も多いです。ぜひ、セブ・カワサン滝のキャニオニングで大自然を満喫されてはいかがでしょうか。

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。