美しい自然が残る島 カミギン島②

こんにちは!今回はカミギン島に来たら絶対に行くべき「ホワイトアイランド」と、カミギン島の中でも非常に有名な観光スポットである「サンケンセメタリー」をご紹介します。
 
 
まず最初にご紹介する「ホワイトアイランド」は、毎日朝と夕方のみに出現する幻のホワイトサンドビーチです。
ホワイトアイランドへ行くためには、まずパラスビーチリゾートへ行き、波止場でバンカーボートをチャーターします。ホワイトアイランドまでは波止場から、5~10分程度でつきます。私は、朝7時ごろ向かいましたが、すでにたくさんの人がいました。
ホワイトアイランドへ向かう途中でもすでに、水深が分からないほど水が透き通っていて綺麗でしたが、ついた途端、白い砂浜と水色の波が朝日に照らされ、とても美しく、感動しました。しばらくシュノーケリングをしたり、ゆったりと泳いで過ごしました。
島内には、生うにを売っている人もいるので、取れたてのうにを食べることができます。ビネガーをかけて食べるのがカミギン流!!身が大きくてとても美味しかったです。
 
 
続いて紹介するのは、海に浮かぶ十字架「サンケンセメタリー」です。
1871年に、カミギン島で起こった火山の噴火で多くの墓地が沈み、その追悼の意を表してできたそうです。1つの十字架なのにセメタリーと呼ばれているのは、海底に多くの墓地が沈んでいるからだそうです。
ボートを借りれば、セメタリーの真下まで行くことができ、写真を撮ることもできました。
 
 
天気が良いと綺麗な夕陽も見ることができます。ぼーっとサンケンセメタリー越しに夕陽を眺めていると、心が洗われる感じがしてとてもリラックスできました。
近くにはお土産屋さんもずらりと並んでいるので、お土産はこちらで購入するといいかもしれません。
 
 
日本人にはあまり知られていないカミギン島。実際に私が行った時も、日本人は1人しか見かけませんでした。地元の人たちや観光客と話をしてみるのも、英語のスキルを伸ばすためにはいい方法かもしれません。
 
次回はカミギン島のレストランを紹介します!!
 
 
 
 

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。