フィリピン最後の秘境!エルニド2

こんにちは!
今週は引き続きエルニドについてご紹介します。

エルニドにはたくさんの島やビーチ、景勝地が点在しており、アイランドホッピングのツアーに参加してそれらの場所を巡るアクティビティが人気です。
エルニド村には多くのツアーカウンターがありますが、どこでツアーを申し込んでも基本的に価格は一律です。
主なツアーはAからDの4種類で、今回私はツアーAに参加しました。
こちらは、ビッグアイランド(希望があれば代わりにスモールアイランドが選べるようです)、シミズビーチ、セブンコモンビーチ、シークレットラグーン、スノーケルスポットを巡るツアーです。
価格は1200ペソと記載されているツアーデスクが多いですが、追加で「Eco-Tourism Development Fee」として200ペソ(こちらは一度支払うと、10日間は再度支払うことなく他のツアーに参加できます)、ビッグアイランドの入場料として200ペソが必要となります。
ツアー会社によりオプションが多少異なるようですが、今回はランチビュッフェとスノーケルセット、船上での飲料水代が含まれておりタオルの貸し出しはありませんでした。

集合時間は朝8時半、ツアーデスクからガイドさんとともに船に向かいます。
今回は15名でのツアーでした。
参加者の国籍はフィリピン、アジア、ヨーロッパと様々です。
スノーケルセット、ランチ、飲料水などを積み込み、ライフジャケットを着用したら出発です!

まずはビッグアイランドに向かいます。
こちらでは、ラグーン内に入るのにカヤックをレンタルして各自漕いでいきます。
レンタル費用は2人乗りのもので250ペソ、3人乗りのもので300ペソでした。
エメラルドグリーンの美しい海をカヤックでゆっくりと進む時間は、とても有意義なものでした!
ラグーン内でも各々で景色を楽しみ、ガイドさんの合図で船に戻ります。

続いて向かったのはスノーケルスポットです。
こちらではたくさんの珊瑚と魚を鑑賞できました!
海の水が透き通っているため、船上からくっきりと底がわかり浅瀬に思えても、いざ潜ると深さがあって驚きました。

次の目的地はシークレットラグーンです。
こちらは、「シークレットという名がついているけど今では誰もが知るスポットなので、名前を変えないといけないね。」とガイドさんが冗談まじりで紹介していました。
シークレットラグーンへは、ビーチの岩壁にある小さな穴を通り抜けていきます。
ラグーンを見学後はビーチで暫くのんびりと過ごして出発です。

12時頃、ランチのためにシミズビーチに向かいます。
しかし今回は他の船が多く停泊しており上陸ができなかったため、海上での食事となりました。
急な予定変更ではありましたが、船上でのランチという貴重な経験ができました!
ビュッフェスタイルの食事で、ライス、魚とカニのグリル、ガーリックシュリンプ、豚肉のアドボ(フィリピン 料理の煮物)、カット野菜、フルーツが出ました。
飲み物はカヤックで売りに来ます。
缶ジュース、ビール、ココナッツジュースがいずれも100ペソでした。
食後は、出発までの間にまたスノーケルを楽しみました。

午後はセブンコモンビーチにて1時間半ゆっくりと過ごしました。
こちらには休憩できる小屋やベンチが多数ありました。
最後までアクティブに過ごしたい方は、ビーチの木に設置されている大きなブランコで遊んだり、ビーチバレーをしていました。
撮影スポットも作られており、遠近法を利用した面白写真を撮ることができます!

16時頃、エルニド村に帰ってきました。
エルニドの日没は年間を通して早くても17:40頃なので、アイランドホッピングの後に先日ご紹介したコロンコロンビーチの方に行き夕日を楽しむのもいいですね。

とっても魅力あふれるエルニド。

留学終わりの疲れを癒しに行ってみてはいかがでしょうか!

 

※当校がレストラン・提供内容の品質を保証するものではありません。また、営業時間・場所・メニュー・サービス内容・その他対象店舗や施設に関する情報は変更になっている可能性がございますので予めご了承ください。