英語初心者の方がセブ留学される前、留学中のおすすめの学習方法

以前私が生徒時代に留学する前にこんなことを学習していればよかったなぁ、そして滞在中にこれをやっててよかったなぁと感じたことを記事にしたいと思います。

セブ留学に来るまでの私の英語のレベルといったら、中学1年生レベル位、もしくはそれ以下でした。英語で話すことはできず、文法を無視して知っている単語を並べて伝えていました。三単現のSを付けなければいけないことも忘れてたくらい、ひどいレベルでした。もちろん先生は根気よくゆっくりと簡単な単語で教えてくれているのですが、英語を英語で説明してくれているので最低限この英単語は学習しておくべきだったと思ったことがこちらです。

品詞類の英単語 ・名詞 Noun ・代名詞 Pronoun ・動詞 Verb ・形容詞 Adjective ・副詞 Adverb ・前置詞 Preposition 等

時表現 ・過去 Past ・現在 Present ・未来 Future t等

単数、複数 ・単数 Singular ・複数 Plural

上記はほんの一例ですが、中学生の教科書に出てくる説明の英単語は予め予習をしておいた方がビギナーの方には良いかもしれません。講師が説明する時に上記の単語はよく出てきた記憶があります。

そしてこちらからは留学中に役立った勉強方法です。

個人的にお勧めの勉強法は授業中に出てきた新しい単語を使って英語の文を作ったり、日記を書くことです。生徒時代はそれを授業中に先生にチェックしてもらい訂正してもらっていました。自分で新しい英単語や文章を考えて作ることによって、英語の文章力を付けることができ新しい単語も覚えることができます。そして文章を作れるようになってくると、スピーキングの時にも役立ちました。

あとは普段の生活では長期滞在ということで講師以外の人とも友達になり、一般の人の英会話に触れるということも英語を学ぶ上ではとても勉強になりました。そして学校では使わないカジュアルな表現の英語を学ぶことができました。

文法はもちろん大事ですが、文法をあまり気にし過ぎて話せないよりかは、とりあえず声に出して間違えを恐れずにどんどん話すことが英語が上達する近道の1つかもしれませんね。